Browsed by
作者別: main-staff

第7回 福宝杯争奪 上越市ゲートボール大会 開催

第7回 福宝杯争奪 上越市ゲートボール大会 開催

令和元年5月1日に上越市春日山ゲートボール場にて、第7回福宝杯争奪上越市ゲートボール大会が開催されました。
霧雨が降る肌寒い中、40チームの参加で行われました。
記念すべき日に優勝しましたのは、かつほチームのみなさんです。おめでとうございます。
寒い中、みなさんお疲れ様でした。

優勝:かつほ
準優勝:ムーンライト
三位:とうざき
敢闘賞:四ツ葉会

福宝 5月催事のご案内

福宝 5月催事のご案内

5月11日(土)、5月18日(土)13:30より、福宝各店にて催事を行います。
ご家族で、友達同士で気軽にご参加頂ければと思います。

○金箔貼り教室(5/11)
小物に金箔を貼って、オシャレな小物を作ります。
・柏崎店   柏崎市田中12-31       0257-32-2511
参加料(材料費込) 1個1,000円(税込)

○ハーバリウム作製教室(5/18)
ハーバリウムを飾ったお部屋で癒されてみませんか。
・阿賀野店  阿賀野市庄ヶ宮662-17   0250-47-3939
参加料(材料費込) 1個1,000円(税込)

○金具打ち ネームプレート作製教室(5/18)
1枚の板からネームプレートを作製します。
・南魚沼店  南魚沼市川窪989-1     025-781-6550
参加料(材料費込) 1個500円(税込)

お申込み、お問い合わせは開催店舗までお願いいたします。
時間の変更も出来ますので、お申込みの際にお伝えください。

 

3/23に燕三条店で行われました「蒔絵教室」の様子です。

味方諏訪神社 お披露目

味方諏訪神社 お披露目

4月14日、新潟市南区の味方諏訪神社におきまして、春祭りのためのお披露目が行われました。

鳥居、忠魂碑、戦没者名簿碑が新しくなり、大変立派になって良かったと出席者のみなさんに喜んで頂きました。

お布施  3月29日(金)

お布施  3月29日(金)

皆さんの中には、お寺さまへ「お布施」を差し上げた経験をお持ちの方も多いと思います。

今回は、この「布施」の本来の意味についてお話します。

布施とは、六波羅蜜という仏教の修行法の一つで「施し」を意味し、「財施(ざいせ)」「法施(ほうせ)」「無畏施(むいせ)」の三種類があります。

「財施」とは、金銭・衣服・食べ物などを施すことで、葬儀や法事の際にお寺さまへ差し上げる「お布施」は、この「財施」にあたります。

「法施」は仏教の教えを正しく説くことで、人々に心の平安を与えます。

お寺さまの法話や読経は、この「法施」です。

「無畏施」とは、いろいろな恐怖や不安を取り除き、安心を与えることです。

布施行は、物事への執着心や見返りを求める心から離れるための、大切な仏道修行の一つです。

お彼岸の過ごし方  3月22日(金)

お彼岸の過ごし方  3月22日(金)

お彼岸は、ご先祖さまを供養するだけの日ではないことをご存じですか。

今回は、お彼岸の過ごし方についてお話します。

お彼岸は、自分自身の生き方を見つめ直す機会でもあるのです。

仏教では、悟りに至るために実践すべき六波羅蜜という六つの修行法があります。

波羅蜜(はらみつ)とはお彼岸の語源「パーラミター」の音を漢字に置き換えた言葉です。

六波羅蜜の内容は

1.見返りを求めない施しをする(布施(ふせ))
2.仏の定めたルールを守り、自分自身を戒める(持戒(じかい))
3.恨みや怒りの心を抑え、苦しさに耐える(忍辱(にんにく))
4.仏道修行に絶え間なく努力する(精進(しょうじん))
5.心を落ちつかせ、精神を統一する(禅定(ぜんじょう))
6.仏の智慧をもち、物事の真理を悟る(智慧(ちえ))  

お彼岸は、この六波羅蜜を実践する期間とも言われています。

お彼岸のお供え  3月15日(金)

お彼岸のお供え  3月15日(金)

お彼岸のお供え物といえば、「おはぎ」と「ぼたもち」をイメージする方も多いと思います。

今回は、お彼岸との関係をお話します。

「おはぎ」と「ぼたもち」は、地域によっては餡や餅の形が多少異なりますが、ほぼ同じ食べ物です。

春は牡丹の花から「ぼたもち」、秋は萩の花から「おはぎ」と呼ばれています。

自然を敬う日本人らしい風習ですよね。

小豆の「赤色」には「魔除け」の力があるといわれ、古来、祝いの席や儀式の際に供えられてきました。

また、お餅には「五穀豊穣」が願われています。

お彼岸では、この「魔除け」と「五穀豊穣」の二つの意味を込めて「ぼたもち」にし、てご先祖さまへの感謝と家族の幸せとを願って、お墓やお仏壇にお供えするようになったそうです。

3月18日は「彼岸入り」です。

「ぼたもち」の由来を考えながら作ってみてはいがかですか。

お墓ディレクター試験 結果発表

お墓ディレクター試験 結果発表

1月23日にお墓ディレクター試験がありまして、福宝からは1級2名、2級9名合格しました。

新潟県内のお墓ディレクター資格取得者は新潟県内最多の1級は18名、2級は128名、福宝全体で137名になりました。

1級合格者です。

彼岸の期間  3月8日(金)

彼岸の期間  3月8日(金)

もうすぐお彼岸です。

みなさんは、お彼岸がいつからいつまでかご存知ですか。

今回は、お彼岸の期間についてお話します。

お彼岸とは、毎年「春分の日」と「秋分の日」を中日として、前後3日間を合わせた7日間のことをさします。

2019年の春分の日は3月21日です。

中日の3日前のお彼岸に入る日のことを「彼岸入り」といい、今年は3月18日です。

また、お彼岸の終わる日を「彼岸明け」といい、3月24日がその日に当ります。

では、なぜ彼岸は春分と秋分の日なのでしょうか。

それは、この両日とも太陽が真西に沈む日だからです。

つまり、太陽が沈む西の彼方の西方極楽浄土の世界を、より強く意識できる日なのです。

お寺では彼岸会(ひがんえ)の法要が営まれ、お墓参りも盛んに行われます。


ページ上部へ
戻る