Browsed by
カテゴリー: スタッフブログ

お盆も終わり

お盆も終わり

今年の夏も毎日暑いーーーっ日が続きましたね!!

皆さん夏バテしませんでしたか?

水不足も心配しておりましたが夏野菜の成長も順調だったようで、お客様から沢山のお野菜頂きました!

御馳走様でした。

おかげで、夏バテもせずに元気に乗り越えました!(^^)ノ

台風の気配をあちこちに感じますが、被害がない事を祈ります。

糸魚川店 スタッフ

夏祭り

夏祭り

夏祭りの神輿巡業に参加してきました。

蒸し暑い中、子供たちの「わっしょい!わっしょい!」という声に元気づけられ、沿道からの声援もたくさんもらいゴールを目指して頑張りました!!

ゴールのあとの冷た~いお茶が最高に美味しかったです。

そして、神輿巡業のあとはRafveryのライブ♪♪♪

アップテンポの曲ではタオルを振り回したり、ノリノリで踊ったり、会場が一体となって盛り上がってました。

バラードも二人のハーモニーがとても心地よく、楽しい時間を過ごせました!(^^)!

暦の上では「立秋」ですが、まだまだ暑い日が続きそうです。

十分な水分をとって、熱中症には気を付けましょう。

上越店スタッフ

八色すいか、最高です!

八色すいか、最高です!

すいかの名産地は全国各地にありますが、どこに出しても胸を張ってお勧め出来る美味しいすいかが「八色すいか」です。

「八色」と言っても、8種類の色があるわけではなく「八色原(やいろはら、やいろっぱら)」という、旧大和町の地名に由来しています。

(東京から来た人に「青や緑の色もあるんですか?」と、真顔で聞かれたことがあるので、念のため。)

JAみなみ魚沼の「あぐりぱーく八色」(南魚沼市浦佐5147-1)では、8月9日までの予定で「八色すいか祭り」を開催中です。

今日は平日なのでお客さんは少な目でしたが、週末は行列で順番待ちになっているそうです。

中学生以上一人500円、小学生以下一人300円で食べ放題は、お値打ちですね。

もちろん、丸ごと買って帰ることも出来ます。

暑い日が続きますが、夏の味覚「八色すいか」を是非ご賞味くださいませ。

南魚沼店スタッフ

「盆内」

「盆内」

7月中旬から8月初旬にかけ、柏崎では、盆内(ぼんうち)※盆参や盆礼ともいいます。

という寺行事があります。

盆内は、お寺に檀家さんが集まり読経、新盆や〇〇回忌の方の塔婆のお渡し、そしてお斎が振る舞われます。

私も毎年行っており、今年は7月26日に行ってきました。

今年も暑く、配ったうちわを使っていただいている方もいます。

お斎は手作りでこんな感じ。

「糸切昆布煮」「かぼちゃの煮付け」「きゅうりの和え物」「たくあんの漬物」「夕顔と豆腐の味噌汁」どれもおいしいですが、味噌汁がうす味で、もう少し濃い目にしていただけたらなぁといつも思ってます。f(^_^;)

柏崎店 スタッフ

もうすぐ「長岡まつり」

もうすぐ「長岡まつり」

今年も長岡の夏がやって来ました。

「長岡まつり」は8月1日から3日、市内はまつりの準備が進んでいます。

2日・3日は日本一の大河信濃川を舞台に繰り広げられる長岡花火。

信濃川河川敷周辺もこんな感じで、打ち上げ場所から間近で見る花火は迫力あります。

中越大震災の復興祈願花火「フェニックス」も今年で15回目。

今年のフェニックス花火は過去最大規模の超スペシャルバージョンだそうです。


2日間で100万人以上が見に来るそうです。

日本三大花火として全国的にも知られた長岡大花火大会、大きさも数も迫力満点!必見です!(^^)!

長岡店スタッフ

北海道へいってきました

北海道へいってきました

先日、北海道へ行ってきました。

最も有名な観光名所の一つ、札幌市中央区にある札幌市時計台は1878年に建てられました。

正式名称は「旧札幌農学校演武場」だそうです。

たくさんの観光客で賑わっていました。

また、札幌ビール園ではジンギスカンを楽しんできました。

中央部が凸型になっているジンギスカン鍋で羊肉と野菜を焼き、肉汁で野菜を調理し、食べます。
美味しかったです。

燕三条店 スタッフ

築地本願寺へ行ってきました!

築地本願寺へ行ってきました!

先日、地下鉄日比谷線を乗り継いで、浄土真宗本願寺派・築地本願寺へ行ってきました。

本来の目的は、都内の大学に通う長男の家にいくためですが、近くまで来たから一度は行ってみたいと思っていました。

あいにくの雨ふりでしたが、壮大で圧巻の佇まい。

10分法話も間に合って聞くことができました。

そして、ランチには築地本願寺カフェ「tsumugi」にて、紬-お膳-をいただきました。

最近はテレビやインスタグラムなどで話題のお店です。

窓からは建物を一望できます。


時代をこえてその時々の感性を取り入れて進化している、とてもいい経験をさせていただきました!

五泉店 スタッフ

幸福の鳥

幸福の鳥

昔から「幸福の鳥」と言われ、春の風物詩として親しまれているツバメが4年ぶりにお店に巣を作りました。

親鳥が巣を作り、卵をあたため、ふ化させ、雛にエサを与え、飛び立たせる約2か月の間、毎日癒しの時間をもらいました。

ツバメは水田の稲の害虫を食べて、豊作をもたらしてくれると古来より縁起の良い鳥として大事にされてきました。

ツバメは、カラスなどの外敵から身を守るため、人の出入りの多い場所に巣を作ります。

また、渡り鳥のため、居心地の良い環境にしか巣を作らないと言われています。

そして安心して子育てをするためにその家の人を良く見ているそうです。

ツバメの巣があるお店や家はもともと繁盛していると言われますが、ますます幸せをもたらしてくれた気がします。

空っぽの巣を見ると寂しくなりますが、また来年も来てくれるように祈っています。   

阿賀野店 スタッフ

第9回 福宝杯 胎内市ゲートボール大会 開催

第9回 福宝杯 胎内市ゲートボール大会 開催

令和元年6月24日(月)に胎内市(旧)柴橋小学校体育館にて、第9回福宝杯胎内市ゲートボール大会が開催されました。
全6チーム36名の方に参加していただきました。
暑い中、みなさんお疲れ様でした。

優勝:大東チーム
準優勝:羽黒チーム
第三位:長橋チーム


優勝:大東チーム


準優勝:羽黒チーム


第三位:長橋チーム

正法寺ろうそく能

正法寺ろうそく能

6月15日に佐渡市泉の正法寺で行われた、ろうそく能を見に行ってきました。

ここ正法寺は佐渡に配流になった世阿弥が七年間滞在したといわれる場所です。

佐渡にいると能を見る機会はよくあるのですが、セリフやあらすじが素人にはわかりにくく、まともに見たことはありませんでした。

今回能に先立って元NHKアナウンサーで古典芸能解説者の葛西聖司氏が、非常にわかりやすく、見どころや内容を解説してくれたので、理解しやすかったです。

正法寺のご住職をはじめ、曹洞宗の僧侶の皆さんの読経によって道場が浄められた後、ろうそくに明りが灯され幽玄な能舞台が作り出されました。

演目は「清経」。

上演中は撮影禁止なので写真でお伝えすることはできませんが、鮮やかな衣装を身に纏った武者姿の清経が入水する場面など見ごたえがありました。

シテは観世流能楽師で重要無形文化財指定保持者の松木千俊氏。

清経の妻は松木崇俊氏が演じられ、親子の共演でした。

上演後、世阿弥が雨乞いで用いたとされる寺宝「神事面べしみ」が公開され、貴重なお宝を拝観することができました。

佐渡店 スタッフ


ページ上部へ
戻る