Browsed by
カテゴリー: 仏事の泉 (2010年下期)

BSN「新潟名刹紀行」は
毎週金曜日 AM9時55分〜10時00分 放送中です。

2019年3月29日まで放送された名物コーナー『仏事の泉』のバックナンバーをご紹介します。

香典について  10月15日(金)放送

香典について  10月15日(金)放送

(近藤)
知りたかった仏事の疑問にお答えする仏事の泉のコーナーです。
教えてくださるのは福宝新潟店の氏田さんです。
よろしくお願いします。

(氏田)
よろしく、お願いします。

(近藤)
さて、今月は、お葬式についていろいろ勉強していますが、今日のテーマは香典です。
氏田さん、まず、香典袋の名前の書き方から教えてください。

(氏田)
はい。
まず表書きの書き方ですが、「墨を磨る時間も惜しんで駆けつけました」と言う意味で薄墨を使います。
今は薄墨の筆ペンもありますから便利ですよ。
名前は結び目の下の中央か、やや左よりにフルネームで書きます。

(近藤)
連名の場合は、どうなるのでしょうか?

(氏田)
例えば、表を友人一同としても、中袋には全員の名前を書いたほうが親切ですね。

(近藤)
中袋には金額を書きますよね。
その時は、昔の漢数字を使ったほうが良いと聞きましたが?

(氏田)
特にその必要はありません。
今は、普通の漢数字で書かれる方が多いようです。

(近藤)
渡し方に決まりはあるのですか?

(氏田)
受付やご遺族に直接渡す場合は、名刺のように、名前を相手に向けて渡しますが、仏壇など仏様に供える場合は、名前を自分のほうに向けます。

(近藤)
葬儀に出られない時は、香典だけ郵送しても良いのでしょうか?

(氏田)
かまいません。
もちろん、現金書留で郵送します。
きちんと香典袋に入れて、弔問の手紙を添えると良いでしょう。

(近藤)
お通夜に出席して、翌日の葬儀にも出席する場合、それぞれに、香典を渡さなければならないのですか?

(氏田)
いいえ、お通夜と葬儀の両方出席される場合、どちらか一回だけで良いです。

(近藤)
わかりました。
今日は香典について、福宝新潟店の氏田さんに教えていただきました。
氏田さん、どうもありがとうございました。

法事の服装  10月8日(金)放送

法事の服装  10月8日(金)放送

(近藤)
知りたかった仏事の疑問にお答えする仏事の泉のコーナーです。
今回も、福宝新潟店の氏田さんに伺います。
よろしくお願いします。

(氏田)
お願いします。

(近藤)
さて、今月は、お葬式に関していろいろ勉強していますが、今日のテーマは服装です。
氏田さん、さっそくですが、お通夜の服装は、きちんとした服装で行くと、亡くなるのを待っていたようなので、喪服でなくても良い、と聞いたことがあるのですが。

(氏田)
はい、一般会葬者の場合は「とりあえず駆けつけた」という意味で地味な平服でかまいません。
ただ最近では、略礼服と言われるブラックスーツを着る事が多くなりました。

(近藤)
次に葬儀となりますが、服装の注意点はありますか。

(氏田)
はい、遺族側は喪服が基本ですが、最近では、一般会葬者と同じく略礼服を着る事が多くなりました。
そして、ワイシャツは無地の白、ネクタイ、靴下、靴、ベルトは黒で、靴、ベルトは光沢のないものを選びましょう。
時計やネクタイピンも、派手なものは避けましょう。

(近藤)
女性やお子さんは、どうでしょうか?

(氏田)
女性の場合は華美にならない様に、特にアクセサリーに注意してください。
服装ですが、肌の露出の多いものは避け、黒を基調としたフォーマルなものにすると良いでしょう。
それから、お子さんの場合は、学生服に喪章を付ければOKです。

(近藤)
葬儀以降の法事では、どうなりますか?

(氏田)
四十九日までは、遺族側は喪服に準じたものが良いでしょう。
それ以外の方は、地味なスーツ等でもかまいません。

(近藤)
わかりました。
法事の服装について、福宝新潟店の氏田さんに教えていただきました。
氏田さん、どうもありがとうございました。

お葬式について  10月1日(金)放送

お葬式について  10月1日(金)放送

(近藤)
知りたかった仏事の疑問にお答えする仏事の泉のコーナーです。
今日、教えてくださるのは福宝新潟店の氏田さんです。
よろしくお願いします。

(氏田)
よろしくお願いします。

(近藤)
今月は、お葬式に関連して、いろいろ勉強したいと思います。
氏田さん、まず今日は、お通夜とその後について教えて下さい。

(氏田)
はい。
まず葬儀社に連絡し、ご遺体を安置した後、お寺様に枕経をあげていただきます。
その後にお通夜・葬儀の日時を決めるわけですが、日時については、お寺様のご都合をよく確認してください。
何もなければ翌日の夜にお通夜が多いようです。

(近藤)
お通夜には、どういう意味が有るのでしょうか?

(氏田)
はい、遺族を中心に生前故人と縁のあった人びとが集い、故人の生涯に思いを寄せながら、葬儀まで静かに遺体を見守る、というのがお通夜の本来の過ごし方でしょう。
ですから大声で談笑したり、無闇に飲食をすることは避けるべきです。
また、遺族の気持ちの整理をするという面も大きいようです。

(近藤)
お通夜の後は、どうなるのですか?

(氏田)
お通夜の翌日が葬儀です。
その後、日を同じくして初七日や三十五日法要、或は壇払い法要を行う場合がありますが、これは地域の慣習や様々な事情で違いがあります。

(近藤)
初七日は、本来、七日後に行うんですよね。

(氏田)
はい、亡くなった日を含めての七日目です。
以降は、四十九日の法要まで中陰法要が行なわれます。

(近藤)
その後の法要は?

(氏田)
四十九日が終わると、百か日、一周忌、三回忌と法要が続いてゆきます。

(近藤)
なるほど勉強になりました。
今日は、お通夜とその後の法要について、福宝新潟店の氏田さんに教えていただきました。
ありがとうございました。

お彼岸のお飾り(荘厳)  9月24日(金)放送

お彼岸のお飾り(荘厳)  9月24日(金)放送

(近藤)
知りたかった仏事の疑問にお答えする仏事の泉のコーナーです。
教えてくださるのは、仏壇墓石の福宝新発田店の佐藤さんです。
よろしくお願いします。

(佐藤)
よろしくお願いします。

(近藤)
今日は、「お彼岸のお飾り(荘厳)」と題してうかがっていきたいと思います。
昨日が秋分の日で、彼岸の中日(ちゅうにち)だったんですが、まだ、お彼岸の期間なんですよね?

(佐藤)
はい、中日をはさんで前後3日間ですから、26日までが「お彼岸」ということになります。

(近藤)
お彼岸にはどのようなお飾りをしたらいいものなんでしょうか?

(佐藤)
そうですね。
宗派にもよりますので、一概にはいえませんが、季節の花や団子、おはぎなどを供えることが多いですね。
また、お仏壇に打敷きを掛ける場合もあります。

(近藤)
その「おはぎ」なんですが、春のお彼岸には、「ぼたもち」をお供えし、秋のお彼岸には「おはぎ」をお供えする、とよく聞きます。
どちらも同じに見えるんですが、「おはぎ」と「ぼたもち」はどう違うんですか?

(佐藤)
「おはぎ」と「ぼたもち」は、実は、同じものです。
春のお彼岸は、牡丹の花が咲く季節なので、「牡丹餅」といい、秋のお彼岸は、萩の花が咲く季節なので、「お萩」と呼ばれるそうです。
地域によっては、どちらとも「おはぎ」と言ったり、「ぼたもち」と呼んだりすることもあります。

(近藤)
昔は、甘いものは貴重だったはずですから、大変なご馳走だったんでしょうね。

(佐藤)
はい、貴重で大切なものをお供えするということが供養になるわけですので、仏さまを敬い、大切にしてきたことの現れだと思います。
お彼岸の期間は、お仏壇やお墓に対して、いつもより手厚くお飾りやお参りをして下さい。

(近藤)
わかりました。
お彼岸の間は特に丁寧にお参りをしたいと思います。
今日は、「お彼岸のお飾り(荘厳)」と題していろいろと教えていただきました。
ありがとうございました。

お彼岸について  9月17日(金)放送

お彼岸について  9月17日(金)放送

(近藤)
知りたかった仏事の疑問にお答えする仏事の泉のコーナーです。
教えてくださるのは、福宝新発田店の佐藤さんです。
よろしくお願いします。

(佐藤)
よろしくお願いします。

(近藤)
今日は、「お彼岸について」いろいろと教えていただきたいと思います。
まず、お彼岸にはどんな意味があるんでしょうか?

(佐藤)
はい、お彼岸は「彼岸会(ひがんえ)」ともいいます。
彼岸というのは、「向こう岸」を意味する言葉で、私達の住むこちら側の岸が迷いの世界であるのに対して、仏さまの悟りの世界、つまり「浄土」をさします。
お彼岸は「浄土」への憧れや思いを通して、あらためて仏さまの教えに触れていこうとする行事の事なのです。

(近藤)
お彼岸の期間ですが?

(佐藤)
お彼岸は春と秋の2回あります。
春は春分の日(3月21日頃)をはさんで前後3日間ずつの7日間、秋は秋分の日(9月23日頃)をはさんで前後3日間ずつの7日間をいいます。

(近藤)
春分の日と秋分の日が関係しているんですね?

(佐藤)
そうですね。
春分の日と秋分の日には、太陽が真東から出て、真西に沈みます。
西の方角の遥かかなたには、仏教でいう西方極楽浄土があるとされています。

(近藤)
なるほど、西方極楽浄土を思い、お参りやお勤めをするのにふさわしい期間なんですね。

(佐藤)
はい、現在では一般的にお彼岸は「お墓参りの日」と思われがちですが、本来はお寺の「彼岸会」の法要にお参りすることを中心に、昔から行われてきました。
もちろん仏壇もきれいに掃除をして、そこでのお参りも大切なことです。
ちなみに、お彼岸は、日本独特の行事で、仏教行事ではありますが、インドや中国にはお彼岸の行事がないんです。

(近藤)
そうなんですか。
日本で生まれた行事なんですね。
今日は、「お彼岸について」教えていただきました。
ありがとうございました。

ローソクのいろいろ  9月10日(金)放送

ローソクのいろいろ  9月10日(金)放送

(近藤)
知りたかった仏事の疑問にお答えする仏事の泉のコーナーです。
今回も福宝新発田店の佐藤さんにうかがいます。
よろしくお願いします。

(佐藤)
よろしくお願いします。

(近藤)
今日は「ローソクのいろいろ」について、教えていただきます。
先週は、いろんな種類の線香を紹介していただいたんですが、ローソクもたくさんの種類があるんですね。

(佐藤)
お灯明といって、灯りを灯してお飾り(荘厳)を整えることは仏事の基本とされています。
ローソクはその代表的なものです。
最近ではいろいろな場面で使い分けできるようなローソクが出てきました。

(近藤)
例えばどういうローソクがあるんですか?

(佐藤)
はい、こちらはお墓参り用に作られたもので雨や風に強いタイプです。
また、ガラス入りのものやローソクカバーなどもあります。

(近藤)
ローソクは風に弱いですからね。便利なものが出来てきたものです。

(佐藤)
こちらは、花をあしらった花絵ローソクです。
花をかたどったローソクや火を灯すと花の絵が浮かび上がるものなどもお求めになる方が多いですね。

(近藤)
きれいですね。

(佐藤)
他にも、「故人の好物シリ-ズ」として、このようなローソクがあります。
生ビール、お酒、焼酎、緑茶、コーヒー、ゼリー菓子などかなり本格的に再現したローソクです。

(近藤)
これもローソクなんですね。
もうすぐお彼岸ですから、お供え物としてもいいですし、火を灯してお灯明としても使えますね。

(佐藤)
中でも一番変わったローソクがこの「豆大福キャンドル」です。

(近藤)
これは、ユニークですね。
和菓子が好きだった方へのお供えにもいいですね・・
今日は、「ローソクいろいろ」と題して教えていただきました。
ありがとうございました。

線香いろいろ  9月3日(金)放送

線香いろいろ  9月3日(金)放送

(近藤)
知りたかった仏事の疑問にお答えする仏事の泉のコーナーです。
教えてくださるのは、仏壇墓石の福宝新発田店の佐藤さんです。
よろしくお願いします。

(佐藤)
よろしくお願いします。

(近藤)
今日は、「線香いろいろ」と題して教えていただきたいと思います。
以前にも線香の種類についていろいろと教えていただいたんですが、まだまだたくさんの種類があるそうなので紹介していただけますか?

(佐藤)
はい、最近の傾向ですが、今までとは違った香りのするタイプのものも人気があります。
例えば、花やハーブの香りがするもの。
ラベンダーやカモミール、バラの香りといった線香があります。
他にも、ひのきの香りがするもの、柑橘系のほのかに甘い香りがするもの、などもあります。

(近藤)
はあ、いろんな香りがあるんですね・・

(佐藤)
そうですね。
あと、コーヒーの香りがする線香やお茶の香りがする線香などもあります。
亡くなった方が好きだったのでお供えしたいとお買い求めになっていく方もいらっしゃいます。

(近藤)
本当にコーヒーのいい香りがします・・

(佐藤)
他に、消臭タイプの線香もあります。
香り付きのものや備長炭を使用したものなどがありますね。
こちらは、煙の少ないタイプの線香です。
一般的な線香と比べると煙が少ないのがよくわかると思います。

(近藤)
ほとんど煙がわかりませんね・・
でも、ちゃんと香りはします。

(佐藤)
そして、こちらの線香は、燃えたあと文字が浮かび上がります。

(近藤)
お念仏やお題目が浮かび上がるんですねぇ。
なるほど、本当にいろいろな種類があるんですね。
今日は、「線香いろいろ」と題してうかがいました。
ありがとうございました。

お墓を建てる  8月27日(金)放送

お墓を建てる  8月27日(金)放送

(近藤)
知りたかった仏事の疑問にお答えする仏事の泉のコーナーです。
教えてくださるのは、仏壇墓石の福宝糸魚川店の塚原さんです。
よろしくお願いします。

(塚原)
よろしくお願いします。

(近藤)
今日は、お墓を建てると題してうかがっていきたいと思います。
まず、お墓を建てる時期に決まりはあるのでしょうか?

(塚原)
いつまでに建てなければいけないという決まりはありません。
一般的には、一周忌、三回忌などに合わせて建てる方が多いようですが、これも特にこだわる必要はありません。

(近藤)
お墓が完成したら何かすることはありますか?

(塚原)
はい。
まず、‘開眼(かいげん)供養’あるいは、‘建碑(けんぴ)式’という儀式を行なうことがあります。
法要をすることで石である墓石がお墓となり、また、仏塔(ぶっとう)としての意味を持つことになります。

(近藤)
仏塔と言うのはなんでしょう?

(塚原)
はい、亡くなられたお釈迦様の徳を偲んで、その遺骨を納めた‘仏舎利塔’という仏塔が仏教でのお墓の始まりだとされています。
現代のお墓も、私たちが先祖を仏様として敬う、心の拠りどころです。

(近藤)
生前に自分の墓を建てる人も増えているようですね。

(塚原)
そうですね。
生前墓のことを‘寿陵(じゅりょう)’とも言います。
中国では長寿や子孫繁栄の元になると言われていたようです。

(近藤)
その場合の法要はどうしたら良いのでしょうか?

(塚原)
開眼供養や建碑式を同じように行ないます。
また、新潟では、骨壷を用いないでそのままお骨をお墓に納める場合がほとんどですが、この伝統は、お骨が土に還りますようにとの願いが込められているように思います。

(近藤)
わかりました。
今日は、お墓を建てる、と題していろいろと教えていただきました。
ありがとうございました。

お墓の手入れ  8月20日(金)放送

お墓の手入れ  8月20日(金)放送

(近藤)
知りたかった仏事の疑問にお答えする仏事の泉のコーナーです。
教えてくださるのは、福宝糸魚川店の塚原さんです。
よろしくお願いします。

(塚原)
よろしくお願いします。

(近藤)
今日は、お墓の手入れについていろいろと教えていただきたいと思います。
お墓の手入れと言うと、水をかけてタワシでゴシゴシ洗うというイメージがあるんですが・・・

(塚原)
はい、基本的にはそれでいいんですが、このようなツヤのあるお墓の場合はタワシでゴシゴシ磨くと細かい傷がついてツヤが落ちてしまいます。
ですから、タオルで水拭きする程度にした方がいいと思います。

(近藤)
なるほど、ツヤのあるお墓はタワシは使わないほうがいいんですね。
ツヤのないものはタワシでこすってもいいんですか?

(塚原)
はい、タワシでこすって、水垢やこけをよく落としてください。

(近藤)
掃除とは別にお墓に水をかけることがありますが、どういう意味があるんでしょうか?

(塚原)
そうですね。
まず浄土真宗では水はかけません。
他の宗派では水をかけることがありますが、これには『清め』や『施し』や『お供え』など、宗派によってさまざまな意味があるようです。

(近藤)
なるほど、それと、亡くなった方が生前好きだったからといって、お酒をお墓にかける人がいますが、これは、どうなんでしょう?

(塚原)
はい、お気持ちはよくわかるんですが、宗派によっては不飲酒(ふおんじゅ)の戒律に触れるので、望ましくない、としているところもあります。
また、お墓にとってもあまりよくないことなんです。

(近藤)
その場合はどうしたらいいんでしょうか?

(塚原)
小さな缶やびんに入ったものをお供えして、お墓参りが終わったら下げるようにしましょう。
その後、お下がりとして皆さんで頂くとよいでしょう。

(近藤)
わかりました。
今日は、お墓の手入れについて教えていただきました。
ありがとうございました。

墓参りと精霊火  8月13日(金)放送

墓参りと精霊火  8月13日(金)放送

(近藤)
知りたかった仏事の疑問にお答えする仏事の泉のコーナーです。
今回も福宝糸魚川店の石井さんにうかがいます。
よろしくお願いします。

(石井)
よろしくお願いします。

(近藤)
今回もお盆についてうかがっていきたいと思いますが、今日は、8月13日。
ちょうど今日からお盆ですね。

(石井)
そうですね。
8月13日を『迎え盆』、16日を『送り盆』とも言います。
そして、お盆というとお墓参りですが、13日の夕方から夜にかけてお参りに行く方が多いようです。

(近藤)
お墓参りはどんなものを用意すればいいんでしょうか?

(石井)
はい、忘れていけないものは『生花』と『線香』と『ロウソク』ですね。
あと、お墓の掃除道具も必要です。

(近藤)
お墓だけでなく、まわりのゴミや草なども取り除いてきれいにしておくといいですね。

(石井)
そうですね。
お寺様によっては、『ひしゃく』や『手桶』がおいてある場合もありますが、大勢の人がお墓参りに行くわけですから、自分たちで用意した方がいいでしょう。
またお寺のものを借りた時は、元の場所に戻しておきましょう。

(近藤)
お盆には、他に何か特別なことをするんでしょうか?

(石井)
はい、お盆の前後に火を炊くことがあります。
それには、先祖の霊を迎える『迎え火』と、送り出す『送り火』とがあります。
家の玄関や仏壇に飾る盆提灯は、先祖が帰ってくる目印とされていますし、有名な京都の大文字焼きなどは、霊があの世へ無事に着くように灯す送り火なんです。
これを精霊火(しょうりょうび)ということもあります。

(近藤)
なるほど。
夏の風物詩も仏教と深いかかわりがあったんですね。

(石井)
そうですね。
お盆は地域や宗派によって様々なしきたりや習慣があります。
そういったものを大切に、次の世代に伝えていってもらいたいですね。

(近藤)
今日は、墓参りと精霊火について教えていただきました。
ありがとうございました。

カテゴリーリスト


ページ上部へ
戻る