法事での会食  11月5日(木)放送

法事での会食  11月5日(木)放送

(近藤)
知りたかった仏事の疑問にお答えする「仏事の泉」のコーナーです。
教えて下さるのは、福宝新発田店の荒木さんです。
よろしくお願いします。

(荒木)
よろしくお願いします。

(近藤)
今日のテーマは「法事での会食」です。
「法事の会食」は「お斎(おとき)」といいますが、どのような 意味がありますか?

(荒木)
はい、「お斎」はサンスクリット語でウパヴァーサ(パーリ語でウポサタ)といいますが、もとは「正午以前の時に分量を過ごさぬ食事をすること」と戒律に定められた、修行僧の為の食事のことでした。それが今では法要の後に、皆さんが取る食事のことを言うようになったんです。

(近藤)
なるほど。
それ、その「お斎」ですが、どのような場所を選ぶのが良いのでしょうか?

(荒木)
特に決まりはありません。それぞれの都合で決めたらよいでしょう。

(近藤)
料亭やレストランでも良いのですか?

(荒木)
問題ありません。自宅で行う時は仕出しなどを取っても大丈夫です。
ただ、仕出しを取る時は、必ず法事の席であることを伝えます。

(近藤)
料理の内容に、何か決まりはありますか?

(荒木)
本来、法事の「お斎」は不殺生という意味で精進料理なのですが、今は精進料理だけで揃えることが難しい時代ですので、現実に即した料理で良いでしょう。
ただ、精進の心を忘れないようにしたいものですね。

(近藤)
他に注意すべき点は、ありますか?

(荒木)
「お斎」の席ではお寺様を正客として正面中央に座っていただきます。
お料理やお酒も、まずはお寺様からです。

(近藤)
お寺様がお斎に出られない時はどうすればよいですか?

(荒木)
その場合は、「送り膳」と言って料理をお届けするか、或いは「お斎料」をお包みするのが良いでしょう。

(近藤)
では、一般の方が、出席出来ない場合の対応は、どのようにしたらよいでしょうか?

(荒木)
その場合も「送り膳」にするか、折り詰めを用意しておきましょう。
お酒の小瓶を添えることも多いようです。

(近藤)
なるほど、わかりました。
今日は「法事での会食、お斎」について
福宝の新発田店の荒木さんに教えていただきました。
ありがとうございました。

Comments are closed.


ページ上部へ
戻る