お経について  11月19日(木)放送

お経について  11月19日(木)放送

(近藤)
知りたかった仏事の疑問にお答えする「仏事の泉」のコーナーです。
教えて下さるのは、福宝新発田店の荒木さんです。
よろしくお願いします。

(荒木)
よろしくお願いします。

(近藤)
今日のテーマは「お経について」です。
さっそくですが、「お経」とは、そもそもどのようなものなのでしょうか?

(荒木)
一言でいえば、お釈迦様の教えをまとめたものが「お経」です。

(近藤)
お釈迦様の教えをまとめたものですか。

(荒木)
それから「お経」の「経」という言葉は、インドのサンスクリット語では「スートラ」といって、漢字では修多羅(しゅたら)とも書きます。
もとは、「たて糸」という言葉なんですが、そこから真理の教えを貫くものという意味を表します。
インドでは仏教以外の宗教の経典も「スートラ」と言うんです。

(近藤)
なるほど。ところで、「お経」は、誰が書いたのですか?

(荒木)
はい、「お経」は、お釈迦様が亡くなれた後、教えを正しく伝えるために結集(けっしゅう)といわれる教えをまとめるための会議が何度か開かれて出来上がって来たものなんです。
だから、とくに誰が書いたと言うものではありません。

(近藤)
宗派によって異なるようですが・・・

(荒木)
そうですね。
でも、それは宗派によって「お経」が異なると考えるよりも、それぞれの拠りどころとする「お経」の違いが様々な宗派を生み出したと考えるほうが良いかもしれませんね。
もちろん、同じお釈迦様の教えという意味では、変わりはありません。

(近藤)
では、なぜ「お経」は、そんなに沢山数があるんでしょうか?

(荒木)
お釈迦様は人に教えを説く時、教えを受ける一人一人の資質に合わせて、丁寧に説かれたと伝えられています。
これは色々な病気にそれぞれ適応した薬を与えるということに譬えられて、「応病与薬(おうびょうよやく)」とも言われているんですが、このお釈迦様の人々に対する深い思いやりの心が、そのまま「お経」の数の多さとして残ってきたともいえます。

(近藤)
なるほど。
「お経」の数の多さは、お釈迦様の私たちを思いやる心の表れだったんですね。
なにかジーンと来るものを感じてしまいますね。
今日は、「お経」について、福宝の新発田店の荒木さんに教えていただきました。
ありがとうございました。

Comments are closed.


ページ上部へ
戻る