各宗派で称える言葉  11月26日(木)放送

各宗派で称える言葉  11月26日(木)放送

(近藤)
知りたかった仏事の疑問にお答えする「仏事の泉」のコーナーです。
教えて下さるのは、福宝新発田店の荒木さんです。
よろしくお願いします。

(荒木)
よろしくお願いします。

(近藤)
今日のテーマは、仏様に向かっての日々のお務めの中で、お経の他に「称えられている言葉」について勉強したいと思います。
さっそくですが、宗派によって「称える言葉」は違いますよね。

(荒木)
はい。
「念仏」「題目」「真言」など、それぞれの宗派によって称える言葉は違いますが、どれも各宗派の教えの中心となる大切な言葉です。

(近藤)
宗派によって、どのような言葉が称えられているのか、少し教えてください。

(荒木)
よく、「なまんだぶつ」とか「なんまいだぶつ」という言葉を耳にしますよね。
これは、正確には「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」のことです。
浄土宗や浄土真宗で称えますし、また天台宗などでもよく称えられます。

(近藤)
その他の宗派は、どうでしょうか?

(荒木)
真言宗ですと、「南無大師遍照金剛(なむだいしへんじょうこんごう)」禅宗系の曹洞宗や臨済宗では、「南無釈迦牟尼仏(なむしゃかむにぶつ)」などが称えられているようです。

(近藤)
あと、「なむみょうほうれんげきょう」という言葉も良く耳にしますが、これは、どちらの宗派でしょうか?

(荒木)
それは、日蓮宗や法華宗など「妙法蓮華経(法華経)」を特に大切にする宗派で称えられています。

(近藤)
言葉の内容や解釈については、お寺のご住職様に聞いたり、じっくり勉強したほうが良さそうですね。

(荒木)
最近では、インターネットなどにも出ているようですよ。
なお、今日ご紹介したものは、あくまで一例に過ぎませんし、宗派によっては、一つの言葉に限定されないところもあります。
詳しくは、お寺様などに聞いてみて下さい。

(近藤)
うーん。仏教は奥が深いですね。
今日は、「各宗派で称える言葉」について、福宝の新発田店の荒木さんに教えていただきました。
ありがとうございました。

Comments are closed.


ページ上部へ
戻る