お正月を迎える心得  12月24日(木)放送

お正月を迎える心得  12月24日(木)放送

(近藤)
知りたかった仏事の疑問にお答えする「仏事の泉」のコーナーです。
今回も福宝新潟店の土田さんに伺います。よろしくお願いします。

(土田)
よろしくお願いします。

(近藤)
今回は「お正月を迎える心得」をテーマにお送りして行きます。
2009年もあと数日となりました。
年末といいますと大晦日、除夜の鐘を思い出しますよね。

(土田)
除夜の鐘は108回撞きますがこの108と言う数字は、人間の持つ煩悩の数を表しています。
煩悩とは仏教では「心身を乱し悩ませる働き、心のけがれ」をいいます。

(近藤)
そうすると除夜の鐘を108回撞くというのは、どういう意味があるのですか。

(土田)
はい、煩悩1つ1つを消し去るために108回鐘を撞くと言われています。

(近藤)
なるほど、そしてお正月になりますと門松や鏡餅を飾りますが、土田さん、お仏壇にはどんなお飾りをすればいいでしょうか。

(土田)
はい、お仏壇を飾ることをお荘厳(しょうごん)といいますが、生は、若松の真に千両・南天・寒菊などをあしらい、鏡餅をお供えするのが一般的です。
でも、特に何も決まりが無いという宗派もあります。

(近藤)
それから、大晦日に飾る一夜飾りはいけないと聞いたことがあるのですが?

(土田)
いいえ、そんなことはありません。
一夜飾りは、主に神道などで言われていることですので、お仏壇のお荘厳に関しては、何も気にする必要はありません。
たとえば、浄土真宗のお東(真宗大谷派)では、お正月のお荘厳は、むしろ大晦日にすることとされているほどです。

(近藤)
なるほど。
それと、年が明けて新年を迎えたとき、前の年にいただいたお札やお守りはどうしたらいいでしょうか。

(土田)
はい、初詣の際に感謝の気持ちを込めて、いただいて来た神社やお寺にお返ししてください。

(近藤)
いただいた神社やお寺が遠い場合はどうしたらいいのでしょう。

(土田)
その場合は、近くの神社やお寺にお願いして、一緒にお炊き上げしてもらうのが良いと思います。

(近藤)
1年の計は元旦にありと言いますからね。
新しいお札やお守りをいただいて、また新たな目標に向かってがんばりたいですよね。

(土田)
そうですね。
また菩提寺への年始参りにも、必ず行くようにしてください。

(近藤)
そうですね。
今日は、「お正月を迎える心得」について福宝新潟店の土田さんに伺いました。
土田さん、ありがとうございました。

Comments are closed.


ページ上部へ
戻る