法事の日取り  10月29日(金)放送

法事の日取り  10月29日(金)放送

(近藤)
知りたかった仏事の疑問にお答えする「仏事の泉」のコーナーです。
今週も、福宝新潟店の氏田さんに伺います。
よろしくお願いします。

(氏田)
よろしくお願いします。

(近藤)
氏田さん、今月はお葬式に関連したことをいろいろ勉強してきましたが、最後に、法事の日を、いつにすれば良いのか教えて下さい。

(氏田)
はい、本当は命日に勤めるのが良いのでしょうが、一般的には、命日近くの週末や休日に行う方が多いようです。

(近藤)
週末というのは、親戚や知人の都合がつきやすいからですよね。

(氏田)
そうなんです。

(近藤)
それと、命日の前と後とでは、どちらが良いのでしょうか?
よく、命日の前は良いが、後はいけないなんて聞きますが?

(氏田)
後がダメという事はありません。
前でも、後でも仏教的には何の問題もありません。

(近藤)
法事を行うにあたり、避けなければならない日が有ると聞いたことがあるんですが、実際は、どうなんでしょうか?

(氏田)
たまに、仏滅や大安などを気にする人がいますが、これは「六曜」といって、仏教とは、まるで関係のない占いの一種ですので、全く気にする必要はありません。

(近藤)
とはいっても、ご年配の方で気にする方もいるんじゃないですか。

(氏田)
はい、そういった意味ではトラブルを避けるためにも、ご家族で充分相談され、お寺様のお話もよく聞いてみることですね。

(近藤)
ところで、例えば祖父と祖母の法事が同じ年にある場合は、同じ日に一緒に行っても良いのでしょうか。

(氏田)
はい、それは問題ありません。
また、どちらの命日に合わせるかも、決まりはありません。

(近藤)
なるほど、わかりました。
今日は「法事の日取り」について福宝の新潟店の氏田さんに教えていただきました。
ありがとうございました。

Comments are closed.


ページ上部へ
戻る