墓相とは  11月26日(金)放送

墓相とは  11月26日(金)放送

(近藤)
知りたかった仏事の疑問にお答えする仏事の泉のコーナーです。
今日、教えてくださるのは、福宝白根店の巻口さんです。
よろしくお願いします。

(巻口)
よろしくお願いします。

(近藤)
さて今月は、お墓に関して、いろいろ教えていただきました。
最後に、墓相(ぼそう)、お墓の相について伺います。
巻口さん、ときどきお年寄りが手相ならぬ墓相が良いとか悪いとか話しているのを聞くのですが、そういうことがあるのでしょうか?

(巻口)
はい、墓相という言葉はあります。
墓相学というものがあり、これは江戸時代に日本で生まれたものです。
さまざまな俗信や、中国の易学や陰陽道などをまじえて作られました。
ただ、墓相学は仏教とは関係ありません。

(近藤)
仏教と関係がない?

(巻口)
はい、墓相に限らず、人相や手相も占いの一種と考えられます。
お釈迦様は、人の一生を迷信や占いに任せることを強く戒めているのです。

(近藤)
墓相を気にすることはないと?

(巻口)
はい。
ただ、水はけが著しく悪い場所にお墓を建てるとか、奇抜な形や色をしているなど、周りとの調和も考えて、常識的なことを守らなければならないことは、言うまでもありません。

(近藤)
わかりました。
今月は、お墓についてのあれこれを福宝白根店の巻口さんに教えていただきました。
ありがとうございました。

Comments are closed.


ページ上部へ
戻る