仏壇の種類  12月3日(金)放送

仏壇の種類  12月3日(金)放送

(近藤)
知りたかった仏事の疑問にお答えする仏事の泉のコーナーです。
教えてくださるのは、仏壇墓石の福宝五泉店の鐵重さんです。
よろしくお願いします。

(鐵重)
よろしくお願いします。

(近藤)
今日は、『仏壇の種類』と題して教えていただきたいと思います。
お仏壇の種類というとどういうものなんですか?

(鐵重)
はい、大きく分けて金仏壇と唐木仏壇の2種類があります。
金仏壇は、全体的に黒の漆が塗られていて、内部には金箔が貼られている仏壇
です。

(近藤)
お仏壇というと、まずこの金仏壇を思い浮かべます。
立派で重厚で華やかさがありますよね。

(鐵重)
はい。
まさに荘厳な感じがします。
お仏壇とは家の中に小さなお寺をお迎えしたものだと思ってください。
この豪華な作りは各宗派の本山のお堂に倣ったもので、仏の世界である‘浄土’を表しているとされています。
そしてもうひとつの唐木仏壇は、黒檀(こくたん)や紫檀(したん)などの木目を生かした仏壇で、金仏壇に比べて色合いがシンプルになっています。

(近藤)
シンプルですが、『侘び寂び』や『渋み』といった和の心にも通じているように思えますし、作りは同じように精密ですよね。

(鐵重)
そうですね。
日本の伝統的な美意識が表現されているともいえますね。

(近藤)
金仏壇と唐木仏壇とでは、どちらを選ぶかは宗派の違いによるんですか?

(鐵重)
いいえ、そこでの違いはありません。
唐木仏壇は、全ての宗派共通で使えますし、金仏壇も、宗派による決まりさえ間違わなければ、全宗派で使えます。
中でも、浄土真宗のお宅では圧倒的に金仏壇が多いですね。

(近藤)
どうしてなんでしょう?

(鐵重)
それについては少し長くなりますので、次週にお話ししたいと思います。

(近藤)
みなさん、次週をお楽しみに。
今日は、『仏壇の種類』と題してうかがいました。
ありがとうございました。

Comments are closed.


ページ上部へ
戻る