浄土真宗の金仏壇  12月10日(金)放送

浄土真宗の金仏壇  12月10日(金)放送

(近藤)
知りたかった仏事の疑問にお答えする仏事の泉のコーナーです。
今回も福宝五泉店の鐵重さんにうかがいます。
よろしくお願いします。

(鐵重)
よろしくお願いします。

(近藤)
今日は『浄土真宗の金仏壇』について教えていただきます。
先週、お仏壇には金仏壇と唐木仏壇があって、浄土真宗では金仏壇が圧倒的に多いとのお話だったんですが、それは、どうしてなんでしょうか?

(鐵重)
はい、お仏壇が広く一般家庭に置かれるようになったのは、江戸時代に入って檀家制度が確立してからといわれています。
そのお仏壇はお寺の本堂を小さくしたようなもの、と先週言いましたよね?

(近藤)
はい。

(鐵重)
浄土真宗の本堂は、阿弥陀如来の西方極楽浄土の様子を表したものです。
その阿弥陀如来の浄土は、金・銀をはじめとした七宝(しっぽう)といわれる七種類の宝石を基に造られた、眩いばかりの光り輝く美しい世界として説かれています。

(近藤)
それはすごいですね。

(鐵重)
しかもその浄土では、阿弥陀如来がいつも説法をされているといわれています。
そして、浄土の天人の奏でる音楽も、そこに吹く微風(そよかぜ)に揺れる木(こ)の葉(は)の音も、また鳴く鳥の声も、みな仏法(ぶっぽう)を説く声として聞こえてくるというのです。

(近藤)
とても幻想的で美しい世界ですね。
その光り輝く阿弥陀如来の美しい世界を表現したものが、浄土真宗の本堂であり、それをさらにコンパクトにしたのが金仏壇というわけですね。

(鐵重)
はい、その通りです。
だから、浄土真宗では圧倒的に金仏壇が多いということなんです。

(近藤)
今日は、『浄土真宗の金仏壇』と題しておしえていただきました。
ありがとうございました。

Comments are closed.


ページ上部へ
戻る