仏壇の造り  12月17日(金)放送

仏壇の造り  12月17日(金)放送

(近藤)
知りたかった仏事の疑問にお答えする仏事の泉のコーナーです。
教えてくださるのは、福宝五泉店の鐵重さんです。
よろしくお願いします。

(鐵重)
よろしくお願いします。

(近藤)
今日は、『仏壇の造り』についていろいろと教えていただきたいと思います。
お仏壇には扉がありますよね。
これには何か意味があるんですか?

(鐵重)
はい、以前、お仏壇は小さなお寺だとお話しました。
一説には、仏壇の扉はお寺の山門を見立てたものともいわれています。
また、お寺の本堂の内陣と外陣の境には、結界や巻障子などがありますが、仏壇の内側に付いた障子戸は、それに代わるものといわれています。

(近藤)
なるほど。
この扉、夜は閉めるものなんでしょうか?
それとも開けっ放しにしておいてもいいものなんでしょうか?

(鐵重)
それについては、各宗派のお参りの作法によって変わってきますので、詳しくは、それぞれ自分の宗派のお寺様に聞いてください。
閉める場合と、開けっ放しでもかまわない場合とどちらも有るはずです。

(近藤)
わかりました。
中の構造を教えていただけますか?

(鐵重)
はい、仏壇の中心になっているのがこちらの須弥壇(しゅみだん)です。
その上にあるのが宮殿(くうでん)で、ご本尊を祀るところです。
もともと仏壇とは、このご本尊をお祀りするためのもので、位牌やお札などを入れるためのものではありません。
あと、金仏壇の作りには、宗派による違いもあります。

(近藤)
たとえば?

(鐵重)真宗大谷派、いわゆるお東の場合、宮殿の屋根が二重になります。
そして、柱が黒、高欄という部分は朱になります。

(近藤)
そして、こちらは?

(鐵重)
浄土真宗本願寺派、いわゆるお西の場合の金仏壇ですが、宮殿の屋根が一層で、柱が金色、高欄も基本的に金色になります。

(近藤)
その他の宗派では?

(鐵重)
柱が朱色になることもありますし、金柱を使うこともあります。

(近藤)
わかりました。
今日は、『仏壇の造り』について教えていただきました。
ありがとうございました。

Comments are closed.


ページ上部へ
戻る