仏壇の構造  12月24日(金)放送

仏壇の構造  12月24日(金)放送

(近藤)
知りたかった仏事の疑問にお答えする仏事の泉のコーナーです。
教えてくださるのは、仏壇墓石の福宝五泉店の鐵重さんです。
よろしくお願いします。

(鐵重)
よろしくお願いします。

(近藤)
今日は、『仏壇の構造』と題してうかがっていきたいと思います。
前回はお仏壇の基本的な構造を教えていただいたんですが、その構造についてくわしく教えてください。

(鐵重)
はい、宮殿(くうでん)ですが、お寺の本堂にならったものです。
ならったものといっても、その構造は本格的で、組子(くみし)と呼ばれる工法で作られています。
柱から屋根の瓦に至るまで、精密に削り出した小さな組木で組み立てられています。

(近藤)
本当に見れば見るほど見事なものですよね・・

(鐵重)
そうですね。
組木の数は数千もあり、組み立て方は本物のお寺と全く変わりがないものです。

(近藤)
はあ、そうなんですか・・
その上の彫刻が施されているところは、お寺の欄間(らんま)と同じような感じですね?

(鐵重)
はい、ここはお寺様と同じく欄間というところです。
仏壇の欄間は、組子で組み立てられたもの、彫刻で彫り出されたものなどがあります。

(近藤)
こちらは見事な彫刻ですね・・
そして、漆塗りの部分にもいろいろな細工が施されていますよね。

(鐵重)
はい、お仏壇は伝統工芸品という面もありますので、金仏壇の中にはこのような蒔絵が描かれているものもあります。
漆の上に金粉や銀粉、顔料(色粉)などで花鳥が描かれています。

(近藤)
今日は、『仏壇の構造』と題していろいろと教えていただきました。
ありがとうございました。

Comments are closed.


ページ上部へ
戻る