正しい数珠の持ち方③日蓮宗  5月18日(金)

正しい数珠の持ち方③日蓮宗  5月18日(金)

数珠は各宗派によつて持ち方も様々です。

今回は、日蓮宗の数珠の作法についてお話します。

日蓮宗の珠数は、四十一個の下がり玉の付いた菊房というのが一般的で、二つの親珠の一方に房が3本付いています。

まず数珠を八の字型にねじり、両手の中指に掛けます。

その際右側に房が2本、左側に3本房がくるように持ちます。

そして静かに手を合わせます。 

数珠は佛式の会葬や法要に出席する際、欠かせないものです。

是非覚えてください。

Comments are closed.


ページ上部へ
戻る