仏壇職人の技④  8月24日(金)

仏壇職人の技④  8月24日(金)

お仏壇は様々な職人の技が集結した総合芸術です。

今回は塗・箔についてお話します。

下塗、中塗り、上塗りの順で漆を塗ります。

表面にほこりが付着しないように気をつけ、ムラ無く塗りの厚みを一定に保つ、細やかな神経と手さばきが要求されます。

漆は適度な温度と湿度がないと乾きません。

「室(むろ)」と よばれる適温湿状態の場所に入れて漆の硬化を調整します。

長年の経験と勘がものをいう工程です。

刷毛目のない仕上がりは熟練の職人の技です。

金箔は箔押し用の漆を使用し、拭き綿などで均一になるように全体を拭いていきます。

漆の乾き具合、温度や湿度に応じて、箔押しのタイミングを見極め、1枚1枚丁寧に貼っていきます。

純金箔の美しい輝きは拭取り加減で決まります。

Comments are closed.


ページ上部へ
戻る