仏壇職人の技⑤  8月31日(金)

仏壇職人の技⑤  8月31日(金)

お仏壇は様々な職人の技が集結した総合芸術です。

今回は、金具についてお話します。

仏壇の装飾に使用される大小さまざまの金具を、木地の寸法からバランスの良い金具寸法を割出して造ります。

タガネを使い銅板や真鍮板を手作業で丹念に打ち出し、唐草や花模様などを1つずつ手で彫っていきます。

技法には毛彫、浮彫などのほかに出来上がった金具に更に手を加える魚子(ななこ)まきなどがあります。

地金に金具師が手を加えることで力強く、また優しく、豊かな表情を現してきます。

1本の仏壇には数百種の金具が使用されます。

Comments are closed.


ページ上部へ
戻る