彼岸の意味  9月7日(金)

彼岸の意味  9月7日(金)

もうすぐお彼岸です。

皆さんは彼岸会の法要やお墓参りには行きますか。

今回は、あらためて「彼岸」という言葉の意味についてお話します。

彼岸会は日本独特の仏教行事です。

また、この時期にお墓参りをするのも日本だけの風習です。

そもそも彼岸という言葉にはどんな意味があるのでしょうか。

彼岸とは仏教用語で「彼方(かなた)の岸」ということで、仏さまの「さとりの世界」を意味します。

それに対して私たちの住むこの世界は「此方(こなた)の岸」此岸(しがん)といわれ、生死(しょうじ)を繰り返す迷いの世界です。

生死(しょうじ)の海を越えた彼方(かなた)の岸にあるさとりの世界。

それが「彼岸」です。

今年のお彼岸のお参りには、遥か彼方の彼岸の世界に思いを馳せてみてください。

Comments are closed.


ページ上部へ
戻る