秋彼岸はなぜ 秋分の日?  9月14日(金)

秋彼岸はなぜ 秋分の日?  9月14日(金)

2018年、秋彼岸の期間は9月23日の秋分の日を中日として、前後3日間を合わせた7日間です。

では「なぜ」秋分の日を中心に彼岸の行事を行うようになったのでしょうか。

春分と同じく、秋分の日は昼夜の長さが同じになります。

つまり太陽が真西に沈む日なので、西方極楽浄土の阿弥陀仏を礼拝するのにふさわしいということから、彼岸の行事が行われるようになりました。

また、仏教には「中道」という教えがあります。

これは単に物事の真ん中を意味するのではなく、仏教のさとりを善悪・有無などの相対を超えた絶対の真理とするものです。

後に中ほどという意味も加わり、彼岸と結びついたとも言われています。    

Comments are closed.


ページ上部へ
戻る