除夜の鐘の由来  12月28日(金)

除夜の鐘の由来  12月28日(金)

もうすぐ大晦日。

今年を振り返り新年も良い年でありますようにと願いを込めて、除夜の鐘を撞きに行かれる方も多いのではないでしょうか。

除夜の鐘は鎌倉時代に中国の宋から伝わったといわれています。

除夜の「除」とは古いものを捨て新しいものを迎えるという意味で、大晦日を除日(じょじつ)ともいい、除夜とはその夜のことです。

仏教では、人には百八つの煩悩があるといわれています。

除夜の鐘を百八回撞くのは、この百八の煩悩を滅する為といわれています。

除夜の鐘の撞き方にはいろいろな説が有りますが、いずれも新しい年が煩悩で惑わされないようにとの願いが込められています。

みなさんも除夜の鐘をつきにでかけてみてはいかがですか。

Comments are closed.


ページ上部へ
戻る