仏教とは・・②  1月18日(金)

仏教とは・・②  1月18日(金)

今月は「仏教とは」と題してお話しています。

今回は、日本に伝わり数多くの宗派が生まれた大乗仏教についてお話します。

大乗仏教とは、出家者だけではなく一般の在家者も含めた、全ての人々の救済を願った教えです。

仏教が大陸から日本に伝わったのが、およそ1500年前の古墳時代(538年)のことといわれています。

そして時代とともに民間に広まり、日本人の生活に根を下ろしました。

人と人との繋がりに「縁」を感じ、人生のはかなさに「無常観」を持つ感性は、仏教が日本人の心にもたらしたものといえます。

Comments are closed.


ページ上部へ
戻る