仏教とは・・③  1月25日(金)

仏教とは・・③  1月25日(金)

今月は「仏教とは」と題してお話しています。

今回は、仏教伝来と各宗派の誕生についてお話します。

日本への仏教伝来は、538年に朝鮮半島の百済から伝わったといわれています。

奈良時代、遣唐使や中国の僧などによって唐から伝わり、奈良を中心に栄えた6つの仏教宗派を南都六宗といいます。

日本では最も歴史が古く、主に仏教の学問的研究や鎮護国家のための加持祈祷を行っていました。

平安時代には最澄が比叡山に天台宗を、空海が高野山に真言宗を開きました。

そして鎌倉時代には法然の浄土宗をはじめ、親鸞の浄土真宗、道元の曹洞宗、日蓮の日蓮宗など多くの宗派が誕生し、人々の生活の中に浸透していきました。

Comments are closed.


ページ上部へ
戻る