仏教の作法・儀礼  2月15日(金)

仏教の作法・儀礼  2月15日(金)

お寺へ出かけたら、本堂の前で「まず一礼を」と教えられた人も多いと思います。

仏教には、「合掌」や「おじぎ」などさまざまな作法があります。

今回は、作法、儀礼についてお話します。

仏教の作法、儀礼の行いは「仏さまを敬う心」と「相手を思いやる心」の二つを大切にする表れなのです。

日本文化の特徴である「しぐさや振る舞いの美しさ」は、仏教に学び「執着を離れ自我を抑える心」や「相手を思いやる心」を志す行いです。

お寺を訪ね、本堂の前で一礼し、そして靴を揃えて入り、ご本尊の前で正座し合掌礼拝する作法は、まさに「仏さまを敬い、他人(ひと)を思いやる心」を表している所作です。

こんな作法や儀礼の意味を考えながら、一度お寺を訪ねてみてはいががでしょうか。

Comments are closed.


ページ上部へ
戻る