彼岸の期間  3月8日(金)

彼岸の期間  3月8日(金)

もうすぐお彼岸です。

みなさんは、お彼岸がいつからいつまでかご存知ですか。

今回は、お彼岸の期間についてお話します。

お彼岸とは、毎年「春分の日」と「秋分の日」を中日として、前後3日間を合わせた7日間のことをさします。

2019年の春分の日は3月21日です。

中日の3日前のお彼岸に入る日のことを「彼岸入り」といい、今年は3月18日です。

また、お彼岸の終わる日を「彼岸明け」といい、3月24日がその日に当ります。

では、なぜ彼岸は春分と秋分の日なのでしょうか。

それは、この両日とも太陽が真西に沈む日だからです。

つまり、太陽が沈む西の彼方の西方極楽浄土の世界を、より強く意識できる日なのです。

お寺では彼岸会(ひがんえ)の法要が営まれ、お墓参りも盛んに行われます。

Comments are closed.


ページ上部へ
戻る