お彼岸のお供え  3月15日(金)

お彼岸のお供え  3月15日(金)

お彼岸のお供え物といえば、「おはぎ」と「ぼたもち」をイメージする方も多いと思います。

今回は、お彼岸との関係をお話します。

「おはぎ」と「ぼたもち」は、地域によっては餡や餅の形が多少異なりますが、ほぼ同じ食べ物です。

春は牡丹の花から「ぼたもち」、秋は萩の花から「おはぎ」と呼ばれています。

自然を敬う日本人らしい風習ですよね。

小豆の「赤色」には「魔除け」の力があるといわれ、古来、祝いの席や儀式の際に供えられてきました。

また、お餅には「五穀豊穣」が願われています。

お彼岸では、この「魔除け」と「五穀豊穣」の二つの意味を込めて「ぼたもち」にし、てご先祖さまへの感謝と家族の幸せとを願って、お墓やお仏壇にお供えするようになったそうです。

3月18日は「彼岸入り」です。

「ぼたもち」の由来を考えながら作ってみてはいがかですか。

Comments are closed.


ページ上部へ
戻る