仏壇・墓石の福宝


位牌

位牌を作ることは「塔を立てること」

仏教では、ご先祖への最高のご供養は「仏像をつくり、塔を立てること」だといわれています。

お位牌はご先祖や亡くなった方の象徴であり、位牌を作ることは「塔を立てること」と同じ意味を持っています。
お位牌と戒名は故人のために善を積む「追善供養」をしていることになります。

浄土真宗では、一般的に位牌ではなく法名軸や過去帳を用います。

法名軸や過去帳

白木位牌と本位牌

白木位牌とは、別名「野位牌」とも呼ばれ、その昔「野辺送り」に用いた葬儀用の仮位牌です。
葬儀後、四十九日法要までに本位牌を準備し、白木位牌はお寺様へ納めます。

本位牌とは、お仏壇にお祀りする塗り位牌や唐木位牌、回出位牌を指します。

位牌の種類

塗り位牌

漆塗りの位牌です。
高級漆ならではの漆黒の美しさをもつ「上塗位牌」や、輪島塗の深みと温かみのある美しさをもつ「呂色位牌」などもあります。

唐木位牌

紫丹や黒丹などの銘木を素材としており、美しい木目と耐久性を兼ね備えています。

回出位牌

戒名を書く板が数枚納まる箱型の位牌です。ご先祖の位牌がたくさん祀られているお仏壇に最適です。

位牌のサイズ

札丈と札巾は「号」、総丈(総高)は「cm」で表記しています。

2.5号 7.5cm 5.0号 15.0cm
3.0号 9.0cm 5.5号 16.5cm
3.5号 10.5cm 6.0号 18.0cm
4.0号 12.0cm 7.0号 21.0cm
4.5号 13.5cm 8.0号 24.0cm

お仏壇の大きさに合わせてお選びください。

位牌文字

本位牌をお求めの際は、白木位牌に記載されている戒名が必要となります。白木位牌(戒名紙)をお持ち頂ければ間違いございません。書き文字と機械による彫り文字がございます。

福宝オリジナルの蒔絵

ご希望の図案で、蒔絵の作成もできます。

さくらやぼたんの蒔絵


ページ上部へ
戻る